昔はとことんTVでマラソン中継を観ていて「こんなにも長い距離を走り回るなんて困難動きだなあ」としていたものです。それが永年後に自分がやることになるとは夢にも思っていませんでした。遅まきながら暮らしは何が芽生えるかわからないものだなあ、と思います。
かつてまったく体重が増えてしまったことがあり、シェイプアップ目的でランニングをしたところやせることができました。それをきっかけに駆けるようになりました。そういったことがあり軽い気持ちでマラソンビッグイベントに発注をしたところ、宝くじで選ばれてしまったのです。どうしても人気のビッグイベントなのでまるで選ばれないと思っていたので非常に驚き、次の日に書斎でマラソンに関する読み物を借りてきてセットアップが始まりました。
それまで3キロほどしか走ったことが無かったので、ひとまず完走は不能だろうと思っていました。でもフルマラソンに踏ん張れるシューズを企業で購入したり、食事にも気を配ったり、無論走ったり講じる講義もきちんと行いました。狙いが走り続けて完走についてにしたので、時間やテンポにはこだわらなかったのがよかったのだと思います。TV中継で見極めるマラソンアスリートしか知らなかったので、次第に走り回るのに最初は敵対がありましたがそれでないと無理だと思うようになりました。
戦いはとても多くのエールの中で滑ることができて、無事に完走もでき、講義はハードでしたがチャレンジしてよかったなあと今でも思っています。タイプ別のお勧め脱毛サロン診断