2013世代以後、日本に旅で巡る外国のやつの総数が、はじめ千万人を突破して要る。
政府は都内五輪・パラリンピックの世代です2020世代に二千万人とオーバーしようと目指していたが、今季10月一月に二千万人を突破した。
その中で、外国のほうが日本に訪れて、または住んでいて驚かれるのは鉄道だという。

日本の地下鉄アビリティーと言うのは確かに優れてあり、海外でも驚きのサウンドが上がっている結果多いのが、鉄道が遅れるはたまさか、待っていれば次の鉄道は直ちに来るについてだ。

私もいま、久々に大阪に訪れたが、大阪の鉄道ものぼり慣れているからだろうが、交替も苦にはならないのだが、御堂筋の地下鉄などは待っていれば間もなく訪ねる。

都内ではラッシュアワーの際、2.5分毎に鉄道が立ち寄る、また6分毎にラフファッションも鉄道がやってくると言う。

日本では鉄道が遅れれば駅員がお詫びをする、また通勤・通学の遅延に伴い遅延認可を発行しておる。また時給遅れれば知らせにもなる。上記に対して海外のやつは驚きのサウンドを上げている。

「死ぬほど笑った。否、日本の時間厳守振りを後ろ向き捉えた訳じゃなく、それと比べたところニューヨークの地下鉄の情けなさに笑っちゃったのよ。こちらだと5分の延着は仕方がない、30分が据置、時給が幸せの小さい日って感じ」(米)

「仮にロンドンの地下鉄店舗が遅延認可なんて発行してたら、数日で深刻な用紙不十分に陥ることになる」(英国)」

「己が通勤で使ってる地下鉄店舗に日本の事を教えたいぐらいだよ。鉄道が遅れてるせいで何回か店舗に遅延してるもんな」

「逆に鉄道がタイミング通りに来たら知らせになる」(デンマーク)

日本では当然のようなことだが、異国においてこれほど驚くべきことであるようだ。
では、そもそもなぜ、日本の鉄道は正確に生じるのか?

とある地下鉄店舗のやつ曰く「①駅舎頃区間は永久に不動。②最大限スピードは決められています。曲り目やシチュエーション前提スピードも決められています。③電車の加速度・スピードダウンたびもなるわけではありません。それを元にダイヤが組まれています」と言ってあり、伸びるというオーディエンスが乗り降りに手間取ったについてや、災禍やウェザーの反響によるものだという。

そもそも邦人は時間は対して世界的に辛いと言われる。
世界的にも集団を見分ける働き者・勤勉な部族と言われる邦人にとってはじめ分はじめ秒が賭けとなるところがいる。
ゆえに足として、必要不可欠な鉄道のタイミングと言うものは大切である。

また、その速さに、足つきにも各国は驚きのサウンドを上げてあり、殊にやはり新幹線のアビリティーは各国に誇るアビリティーであるという。

リニア新幹線の対策も進んであり、都内大阪頃が1時間ほどになると言われている。

これらの新幹線や鉄道などの日本の際立つ地下鉄のアビリティーは各国にもアビリティー手伝いを展開してあり、ミャンマーなどでは日本の鉄道が走るようになったという。

また、米においても、ワシントンとニューヨークを新幹線で結ぶという提唱・対策も安倍首相は米で発表していた。

都内や大阪などは確かに線が多いが、それらの複雑な交替においても、携帯、WEBの参加により、経路を正確に事前に確かめる快適に利用できる。

それにより到着時間など、よほどの人身事故や災害などが無い以上、外れることはない。
また、これを使えば、交替もスムーズに行なえ、また何番線に乗れば良いかと言うことも事細かに調べることができ、行ったことないような駅舎も迷うことはそんなふうに薄い。

また、駅舎構内にも国家語で内容挿絵があり、また駅員も外国のセリフを使用できるやつもいて、内容もスムーズに行っているようだ。

こういう、日本の鉄道の組織、また精度と言うのは海外では高く評価されて要る。
複雑なのに順調、快適に助かるという不思議な仕組みも含めて各国は驚きのサウンドを上げている。

また、駅員などの素行に対しても各国は讃嘆のサウンドを上げている。
鉄道の乗り降りの際、敬礼始める駅員。
また、新幹線など終始快適に過ごして頂くためにと、清掃に取り組む皆さんなど。

邦人のこういう「OMOTENASI」の心に各国は見習うべきだと言っている。

これからも、日本の地下鉄は進展を遂げていくであろう。
そして、全国各地に世界の皆さんが訪れ
また、世界中を日本の地下鉄のアビリティーによって結びゆく、そういうロマンいる今後が展開されて出向くに違いない。http://www.garrett-asay.net